文才のない人間の書いたほぼ映画の感想のみの日記


by 44gyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

200本のたばこ

あらすじなど

1981年の大晦日、年越しパーティーに集う独身男女の姿をコミカルに描いた恋愛群像劇。

コートニー・ラブが出ているというのでずっと観たかったやつ。映画内で歌を口ずさんでいたけど、すごくコートニー節だった。

音楽もファッションも出演者もとってもおしゃれで楽しかった。登場人物が多く、人間関係がこんがらがりそうになるが、より多くの登場人物、場面があることで音楽やファッションもより多彩になるので、見た目もストーリーも色とりどりでおもしろかった。
こういう映画はちょっとでも泥臭いところがあるとたちまち嫌になるのだけど、スカッと進行してうまくまとまっており、期待を裏切られなかった。
とくにダサさが自然で何もしなくてもおもしろいベン・アフレックと、笑顔が可愛すぎるケイト・ハドソンが個人的にお気に入りだった。関係ないけどケイト・ハドソンって、ゴールディ・ホーンの娘だったんだ〜。母子揃ってキュートだけど顔あんまり似てないなあ。
[PR]
# by 44gyu | 2005-06-22 22:12 | ★★★
公式サイト

ついに完結!
先だっての東京国際フォーラム試写会に行く事ができた。途中エラーによりDLPからフィルムへ変更有り、芸能人なし(たぶん)の昼の回で、席もたいへん観辛い位置だったが、観れただけでも満足。会場もお祭り気分でとても楽しかった。

デジタルリマスター版からだか、旧3部作から一応全作劇場に足を運んだ。実は今までそんなにこの大人気作をおもしろいと思ったことはなかった。魅力的だが子供っぽい
し、マニアックすぎて話についていけないと思っていた。キャラクターやディティールを観る類いの映画なのだろう、とも勝手に思っていた。全作観はしたが、なんとなく観てきたような感じだ。
しかし今回初めてこの物語に心底感動した。
この完結編まできてやっと、今までよく判らなかった暗黒卿の陰謀や、エピソード4に至った過程がなんとなくだが判るようになった。過去と未来の輪が繋がり、今までぼんやり観てきたストーリーが、今回登場人物のセリフのひとつ、行動のひとつに関連付けられ、次々と思い出され、繋がっていく。これまであったこと、これから起こることを想いながら目頭を熱くしながら観ていたら、2時間21分の上映時間があっという間に過ぎてしまった。たいして思い入れのなかった私ですらこうだったのだから、公開を待ち望んでいた熱烈なファンの人達の感動は相当なものになるんだろう。
まさか「スター・ウォーズ」で泣きそうになるなんて思いもよらなかった。今回のエピソード3は個人的に過去最高。悲しいが、とても美しい物語だった。
分厚い本をやっと読み終えた時のような、ほっとしながら残念でもある、大きな満足感を得られた。

これからエピソード4〜6、1、2をまた見直して、劇場公開に備えようっと。


以下ネタバレ





一番感動的だったのは、やはりアナキンが完全に暗黒面に落ちてしまうあたり。
観終わってみると、この長い物語はダ−ス・ベイダ−の物語だったんだなあと思える。神々しすぎるジェダイとおのれの為だけに生きるシスの間で、最も人間らしかったのがダ−ス・ベイダ−だったのだなあ。愛する人を自然の摂理に逆らってでも生かしたい、って凄く人間的だ。たぶんダ−ス・シディアスが言う「死を克服する研究」は、彼の場合アナキンのとは用途が違うんだろうなあと思った。
最後、パドメの死に絶叫するアナキンにエピソード6のダ−ス・ベイダ−の最期を思い出す。パドメの死際の言葉が「あの人にはまだ善の心が残ってる」というような言葉だったが、善の心っていうか「愛」だったんだろうなあ。
いかん!こんな書いてても泣けてくる。

最期のエピソード3でこのシリーズに対する感想を完全に覆された。今度全シリーズを見直す時は今までとまったく違った目で観ることになるだろう。

前半、パルパティーンを救出したオビ=ワンとアナキンがコルサント(←たぶん)に不時着した後あたり、ファルコン号を見たと思う。
[PR]
# by 44gyu | 2005-06-21 21:35 | ★★★★

バットマンビギンズ

公式サイト

渡辺謙出演で話題の新作バットマン。監督は「メメント」「インソムニア」のクリストファー・ノーラン。バットマン役は「マニシスト」での激痩せが記憶に新しい、クリスチャン・ベイル。彼はかつて子役としてスピルバーグ映画「太陽の帝国」で主役の少年役を演じた。この映画で少年クリスチャン・ベイルは虫を食べたり片言の日本語を話したりしており、迫真の演技がかなり印象的な子供だった。ヒロインは最近トム・クルーズと婚約したケイティ・ホームズ。「ド−ソンズ・クリーク」のレギュラーだったそうだが未見。トム・クルーズが入信している宗教団体サイエントロジーに彼女も入信するかも?というニュースも気になるところ。
あまり関係ないが一見清純お人好し顔ケイティの極悪フェイス(ABC振興会)。わりとお気に入りです。
他にリ−アム・ニ−ソン、ゲイリ−・オールドマン、ひっぱりだこ・モーガン・フリーマンなど。

ティム・バートンの「バットマン」「バットマン・リターンズ」は、独特の雰囲気と、憎みきれない悪役のすばらしい個性が印象的だった。ジョエル・シュ−マカーの「バットマン・フォーエバー」「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」は派手な映像と娯楽性の高さがおもしろかった。
そして今回の「バットマンビギンズ」では、人間・ブルース・ウェインにスポットがあてられている。バットマンは他の多くのヒーロー達と違い、特殊な才能を持っているわけではなく、金と科学の力で特殊な才能に変わるオリジナルの武器を作り、駆使している。ある意味スター・ウォーズで言えばジャンゴ&ボバ・フェットだな、と今日思った。
そんな最も私達に近い(莫大な資産は別として)主人公が、普通の人間として怒り、葛藤し、自分への挑戦を試みる姿を描いている。備わった才能をもって、なるべくしてなったヒーローの葛藤と違い、生身の人間がヒーローになることを選んだ、というのがスゴイところだなあと思った。
・・・でも正直、そういう葛藤とか修行の風景メインの映画は個人的に苦手。自分には縁遠い話だし、暴力に対する暴力の悩みなんて親近感持てない。今回はそういうシーンがほとんどだったので辛かった。
しかしラストの頃は、前作のようなファンタジックな戦闘シーンが楽しめた。なんだかんだ言っても摩天楼を飛ぶ人間はファンタジーだ。また今回のバットモービルは前述の、全体を占める鬱々したブルース・ウェインの葛藤話を吹っ飛ばすくらいダイナミックでカッコよかった。

そして問題の過日のJR福知山線脱線事故を彷佛とさせるシーンは、モロにそのもので、当事者でない私ですら観るのが辛くなるほどだった。しかも見せ場の一つである高架線電車内でのアクションシーンは、去年「スパイダーマン2」で派手なのを観たばっかりだったので、ちょっとがっかりだった。

期待の日本人・渡辺謙の役は、インタビューやプロモーションで持ち上げられるほど重要な役ではなく、アメリカ在住のアジア人がやっても成り立つような役だった。
本作を観たあとTVでリ−アム・ニ−ソンの渡辺謙に対する印象、とか渡辺謙のバットマンビギンズ語りを頻繁に観たが、ちょっと切なくなった。
[PR]
# by 44gyu | 2005-06-20 23:35 | ★★★

蝶の舌

公式サイト

スペイン内戦間近のガリシア地方の小さな村。喘息持ちの8歳の少年モンチョは、同年代の子らに遅れて学校に入る。初めての学校に怖がっていたモンチョだったが、優しいグレゴリオ先生の話はいつもおもしろく、友達も出来て楽しい毎日。

ちょっとオッサンくさい表情がかわいらしいモンチョくんら、子供の視点で観た大人の世界。
教室から出て虫を捕まえたり、友達と近所の大人のあとをつけて逢い引きを盗み見たり、子供らしい無邪気さでもりもり人生勉強していくモンチョくん。モンチョくんのお兄さんが叶わぬ恋をしてサックスを狂い吹くシーンは、情熱的でとても素敵だった。

そんな朗らかな日々も終盤で一転する。スペイン内戦が始まり、グレゴリオ先生をはじめ、モンチョくんも馴染みの大人達が続々連行されていく。
それまでの和やかさが素晴らしかったぶん、ファシズムの残酷さが強調され、心に響いた。モンチョくんが目にした日常に存在するグロテスクな一面(性・死)も、戦争の前では連綿と続いてきた幸せで平凡な毎日の一部にすぎないのだ、と実感する。
けっこうありがちなストーリーではあるな、と思いつつも、モンチョくんの投石に涙が出てくるのだった。
[PR]
# by 44gyu | 2005-06-19 23:18 | ★★★

かげろう

公式サイト


第二次世界大戦中のフランス。幼い息子と娘を連れた元教師の未亡人。ナチス・ドイツとの戦火を逃れてパリから南へ向かう途中、たどり着いた美しい森の中の家で不思議な青年と過ごしたひととき。

「突然現れた不思議な美しい女との短い恋物語」のようなストーリーは今まで幾度となく観てきたが、これはその女性版か。

美しい青々とした草木、冷たそうな水、居心地の良さそうな家、とこんな気持ちのいい所に住んでみたい。。。という感想は持ったものの、他にはこれといった感動もない映画だった。
上記したような「ひとときの恋物語」というのは、個人的にどうもヤリ逃げたお得感を感じて好きになれない。しかもたいていなんだか高尚な雰囲気に持っていかれているので、単なる性欲処理だったような後味なのになんで、、、と思っていつも違和感を感じてしまう。
またこの映画は、『ギャスパー・ウリエルとエマニュエル・ベアールの「かげろう」』という題名にしてしまってもよいのではないかと思うくらい、2人に対する好みが映画に対する好き嫌いも決めてしまうだろう。私はこの2人に思い入れはなかったので、こういう感想になったのだと思う。
[PR]
# by 44gyu | 2005-06-18 22:40 | ★★

イン・ザ・プール

公式サイト

伊良部総合病院の地下にある精神科の医師で、伊良部総合病院の跡取り息子・伊良部一郎を松尾スズキが演じ、オダギリジョー、市川実和子、田辺誠一がへんな病気に罹った患者を演じている。
原作未読。

思っていたよりはるかに面白かった。
先だって、同じ原作者で同じ伊良部一郎が主人のドラマ「空中ブランコ」を観ていたのだが、これがあんまり面白くなかったので心配していたのだった。伊良部一郎を阿部寛が演じていたのだが、伊良部はただの頭の弱い人みたいな描かれ方だった。またマユミちゃん役は釈由美子。

映画の松尾スズキ演じる伊良部は、ひょうひょうとした怪人物ぶりが、この人以外にありえないというくらい松尾にぴったりハマっていた。またそう思うわせる演技や演出がすごい。たぶん他の人が言ってたらなんでもないようなセリフも、松尾が言うとたちまち味がでておもしろくなってしまう。天才と言われるわけだよなあ、とつくづく思った。パッと見きたないヒゲヅラのおっさん(失礼)がこんなにカッコよく見えるなんて!
また松尾とは10年ぶりくらいの共演というふせえりが、出番はあまり多くないながら、とても強烈で印象深かった。市川実和子演じるルポライターが出入りする出版社の編集長役で、強迫神経症に陥ってしまった市川を辛抱強く導く。今ならふせえりが上司にしたい芸能人NO.1だ。
その他、オダギリジョ−、田辺誠一、市川実和子の病気ぶりも、深刻になりすぎず浅すぎず良かった。特に田辺の「プール依存症」は、あそこまでではないが同じプール好きとして、海ではなくプールの水の気持ちよさ、孤独感など共感出来るものが多くあった。岩松了、きたろうなどアクの強い演技も見ものだった。

一見地味ながら、観終わった後はかなりざわざわした(楽しい)気持ちになった。
音楽も熟考された感じの、出過ぎない選曲が心地よかった。

公式サイトの三木聡監督によるプロダクションノートを読んだら、これまた人柄が出ていそうな文章がおもしろくて、こういうテンションは共感できるのでなんかうれしかった。
[PR]
# by 44gyu | 2005-06-17 23:05 | ★★★★

タナカヒロシのすべて

公式サイト
エイキサイト内サイト(鳥肌実インタビュー動画あり)


モッズ系猛禽類、自称鳥の調教師、鳥肌実主演の映画。マイナーどころで有名な主演者でありながら、脇はユンソナ、市川実和子・加賀まりこ・伊武雅刀などとけっこう豪華なメジャー系。
無気力で人とのコミュニケーションを取りたがらないかつら工場勤務の男の物語。

ユル〜い笑いとまったりした進行で、おかしみや感動がジワジワ染みてくる映画だった。細かい振動がブルブル続いているように、グフグフ笑いながら観ていた。意外な方向からおもしろさをぶつけられるのが快感だった。
ある意味アイドル映画だと思う。鳥肌実の端正な(人によっては気持ち悪い)顔のアップをまじまじと見られた感動にそう思った。鳥肌実の演技は、ややもすればいつも彼がネタにしている某学会の系列劇団と同じようなテンション系に陥ってしまうが、今回は「無気力」という役の設定が宜しかったようで、ほとんど暴走することなくクールな鳥肌が見られて良かった、と心底思った。モッズ系スーツ姿、(パン工場ではないが)工場勤務姿、ジャージ姿と、いろいろな格好の鳥肌を見られたのも良かった、と思う私はかなりミーハーなのかもしれない。
脇を固める俳優達も、皆クセのある人達ばかりで良かった。特に伊武雅刀の間の取り方というのは、信じられぬほど絶妙で良い感じだった。

以下ネタバレ






そんな感じでおもしろいな〜と思いながら観ていたが、なんかずっとひっかかるものがあった。ジワジワ系の映画らしく、そのひっかかりもジワジワ分かってきたのだが、それはタナカヒロシに向かって同じ職場の老人が言った「最近の若いのは〜」という言葉にあるようだった。
「タナカヒロシ」の無気力さ、テンションの低さは典型的な現代の若者像でもある。彼は他人に無頓着であったがゆえ不幸になり、その性根をたたき直すため、数々の不幸が彼を襲ったようにも見える。希薄な人間関係を思い直し、自分の感情を表現しはじめたことから、彼の不幸が遠のき、無表情だった顔面に笑顔がこぼれ出す。ラストのこのシーンはこの映画一番の感動シーンでもある。つまり、「もっと人と交わろう」というのがこの映画のメッセージのようだ。
・・・たぶん、私を含めてこの映画を鳥肌実目当てで観に来た大部分の人達にとって、このような爽やかなメッセージはあまり共感できるものではないような気がする。「爽やか」イコール胡散臭い、偽善者と思うひねくれたた根性の持ち主こそが、鳥肌実に興味を持つ人達であるからだ(私だけかもしれないが)。私自身「ウザい」「気持ち悪い」と思った。
なんか美味しい餌でつられて説教されたような、そんな後味だった。
[PR]
# by 44gyu | 2005-06-15 21:54 | ★★★

高校四年

あらすじなど

題名だけ見ると、1年留年した高校生の自虐的な物語かと思われたが、高校3年生になった仲良しグループが、「常に皆より一歩先じていよう」という実に前向きな目標を掲げて称した自らのグループ名が「高校四年組」、というわけだった。
1957年の日活映画。まだ10代の小林旭が出演している。ひょろひょろしているがなかなかカッコイイ。

四年組のメンバーは、一風変わっているが明るく元気で優秀な者達ばかり、という設定で、個性的なキャラクターが続々登場する。
クラスの連中を相手に金貸しをして金利で儲け、放課後はバーでバイトをして、とにかく金をためることに情熱を注いでいる吉村、超高校級の野球投手でプロから引く手あまたの菅野、柔道の達人の熊木、学生妻の有吉などだ。
これらの面々を見ていると、高校生の皆がとても大人っぽいのに驚かされる(役者の顔形とかではなく、言動がだ)。ストーリーから各キャラクターが非現実的なのを考慮しても、各自が自分の考えを持ち、当たり前のように自分で判断し行動している姿は感心する。
たぶん今よりも「学生」と「社会人」の垣根が高くなく、学生に対して今ほど過保護でなかったからなのかもしれない。昔の学生がホントにこうだったのかは判らないが、少なくともこういう責任感のある学生を目指していたということがスゴイと思った。
しかしそれは「情報化社会」と呼ばれ出す前で、今よりも社会がシンプルだったというのもあるだろう。今の時代にこの映画のような朗らかな青春をあまり望めると思えないし、全面的に賛成もしないが、皆で詩を読みあったり、歌を歌ったり、古語まじりで嘆いたり意気込んだり、そんな青春も楽しそうだなと思う。
ちょっとびっくりしたのが「高校生妻」の話。27歳の男から、どうしてもと求められ在学中に結婚した女の子。皆より早く大人になった風だが、無邪気さは残り、かわいらしい若い新婚カップルの様子が描かれる。今でも16、7で結婚する女の子はいるだろうが、この映画の場合は周りの友達は皆乙女だし、本人も無邪気で幼さが残る少女なので、なんだか不思議な感じがした。この時代はまだこういう子がいたのだろうか。時代を感じて興味深かった。

そんな華々しい面子で構成されたグループに、病弱でなんの取り柄もないながら名前を連ねている自分を情けなく思っているのが主人公の枝村。彼は最初は「義母が義妹に踊りを習わせる金はあっても、僕が手術を受けるような金は家にない」(←このセリフは何回か出てくるのだが、なんかイイ!)し、自分には何の取り柄もないのでこのまま死んだっていいや、と捨て鉢になっていたが、美人の看護婦に信頼を寄せるようになり、生きたいと思うようになる。そして実の父親に手術の費用を出してくれと頼むのだが、完全に義母の尻に敷かれてしまっている父は息子の命を救うための金すら持ち出せない。そこで四年組の出番となる……のだが、うーん、命と習い事を天秤にかけるというのがすごい。鬼のような継母って今でもTVでお馴染みだけど、この映画の継母は最後まで顔が出ることはなく、それがかえって鬼ぶりに凄みを与えている。
枝村を助けられない無力な大人と、友情のために行動を起こす若者を対比させているが、枝村を助けるための金集めの方法が大雑把。菅野のプロ野球チーム契約料1千万円と、吉村の貯金100万円から捻出されることになる。話が大きい。
そんなこんなで枝村は手術を受けられるが、最後に大どんでん返しが待っている。

今観ても個性的で魅力的なキャラクター達が面白かった。大味だが、彼らに見習うところは多くある。昔の高校生の大人っぽさに驚いた映画だった。
[PR]
# by 44gyu | 2005-06-09 20:46 | ★★★

ゴルゴ13(1973)

あらすじなど

オール海外ロケ、ゴルゴ13のモデルでもあった高倉健がゴルゴを演じ、高倉健以外は全員外国人俳優、脚本には原作者のさいとうたかお自身も参加している力の入れよう。
実際原作のマンガを読んだことのない私でも知っている、「握手はしない」「背後に回られるのを嫌がる」「支払いはスイス銀行」などのゴルゴエピソードが親切に入れられているのがうれしい。どれも、実演されるとかなりおもしろい。しゃべらないゴルゴのかわりに、クライアントがそういったゴルゴの決まりごとをいちいち説明してくれる、その後ろで挙動不振な動きをしているゴルゴが、なんかの別の生き物みたいで素敵。
実際原作のマンガを読んだことのない私だが、ゴルゴはもうちょっとカッコよかったりクールだったりするもんかと思っていた。しかし誘われて拒むことなく女の蒲団に入る上目使いや、案外敵にあっけなく捕まってしまうのなんてクールとは程遠いのでびっくりした。
昔の映画なのでいろいろ気になる所は沢山あるものの、一番気になったのは健さんの手指の綺麗さ。指先なんて白くて長いし、ゴツゴツしてなくてほっそりしている。「硬派」顔とのアンバランスが気になった。
[PR]
# by 44GYU | 2005-06-07 23:58 | ★★★

リング2

公式サイト

ハリウッド版の2作目。「ハリウッド完全オリジナル・ストーリー」
1作目の話から6ヶ月後。シアトルから霧深いオレゴン州に越してきた母子。しかしサマラはどこまでも2人を追ってくる。

1作目は感覚的すぎて何が何だか全然わからなかった。
今回はホラーの怖さはあまりなかったが、前作よりおもしろかった。「アザーズ」みたいな感じかも。
しかし(貞子じゃなくなったところですでにそうだったのかもしれないけど)サマラはもうホラークイーンというか、ただのしつこい人。出てきた時の恐怖はほとんどなくなってしまい、ちょっと出過ぎだったのかもと思う。

以下ネタバレぎみ







全体を通じて描かれていたのはサマラの恐怖というよりも、母子の強い愛。サマラによって2人の生活が脅かされるのを、親子愛ではね除けるという話。しかし、この母子の絆は紙の入る隙間も無いほどガッチリで、それが美しいと感じる人もいるかもしれないが、個人的には気持ち悪くてこっちの方がホラーだと思った。
まず2人は、目覚めている間はサマラの監視の目を逃れられない、ということで、なんと夢の中で連絡を取り合う。ここでは魂で繋がった母子の絆が描かれているのだろう。
また、シングルマザーの出てくる映画ではよくある、母親の新しいロマンスも、この映画の親子の間には入り込めない。母親が新しい同僚の男と関係を築くかに思われたが、サマラに乗り移られてはいるというものの、息子によって男は殺されてしまう。
そしてサマラから逃れるためではあるが、息子は自分を殺すことまで要求する。それは最愛の人を自ら手にかけさせることで、母親にとって究極のことを要求していることになる。
極め付けに、サマラを突き放すことに成功した母親を、断がい絶壁から飛び下りさせる。
こう見ると、この映画は息子による命を賭けた母親試験だったようにも見えてくる。息子は凄まじい独占欲で他人を排除し、自分への母の愛を試したのだ。レイチェルは試験に合格して生き延びたのだった。
ということでこの映画はもの凄いマザコン映画なのだと思った。最後に2人が抱き合うシーンは、互いの生還を喜びあうのと同時に、別の意味にもとれ、感動的なシーンでありながらちょっと気持ち悪く感じた。主人公の子供が少女ではなく少年であることは必然的で、この映画は男の映画なのだと思った。
女のマザコンもいるんだがな。
[PR]
# by 44gyu | 2005-06-05 22:53 | ★★★