文才のない人間の書いたほぼ映画の感想のみの日記


by 44gyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

オールド・ボーイ

映画・ドラマ
公式サイト

韓国映画は苦手なのだが、これは面白いと思った。

映像もオシャレだし、映画内の小道具や部屋のインテリアも素敵。ヒロインもなかなかかわいい。剣や銃で襲い掛かる多勢の敵に対してカナヅチ一本で立ち向かう無茶なディテールも面白い。またこの映画は時間軸が大きく動く内容なのだが、時間の移動をうまく処理してあり、分かりやすかった。そして個人的にとても気に入っているところは、主人公が15年も監禁された理由。そう来るとは思わなかった。良い意味でショックを受けた。(でもこの部分は人によって賛否両論のようだ)

オチもお国柄が多分に入っているが、まあいい。
でも、、、主人公の最後のあの乱れぶりはどうしても許せない。それまで食い入るように観ていたのに、最後にどーーんと引いてしまった。
[PR]
# by 44gyu | 2004-12-04 23:23 | ★★★

ヴィタール

映画・ドラマ
公式サイト

人体解剖がモチーフ為、グロ映画を期待されるかもしれないが(私だけか)、観終わった後に頭に浮かんだ言葉は「純愛」だった。都会と自然の対照的な映像と共に描かれる、主人公の亡くなった恋人への想いの美しさがとても印象的だったからだ。

解剖作業の研究もかなりなされたようだから、私のような一般人には縁遠い人体解剖の描写も大変興味深かった。また、物語の進み方もサスペンスの様に徐々に事実が明かされていき、謎解きのようで面白かった。

監督は「このたびの映画では、意識というもののどうしようもない不確かさを描いてみたいと思いました」とコメントしている。事故で記憶喪失になった主人公は、夢の世界と現実の世界のどちらが真実なのか判らなくなる。それは映画「マトリックス」で、仲間も誰もいなくて、真実を教えてくれる人がいない状態のようなものだ。私達の精神も、実はそのような不安定な位置に孤独に自立しているのだが、そういうことを考えすぎると生きていけなくなる(この映画でも主人公が死にそうになる)ので、なんとなく納得して生きている。

そしてそういうどうしようもない不安を突き詰めたストーリーのラストは、絶望的なものになりそうなものだが、ここでは意外にも希望に満ちた優しい結末だった。絶望的にしなかったのは監督の人間的な強さによるものかもしれない。

書いた本人が読んでも分りにくい文章になってしまったが、いろいろ深く考えさせてくれる映画だった。大きなスクリーンで観た方が絶対良い映画。
[PR]
# by 44gyu | 2004-12-03 20:37 | ★★★★

スーパーサイズ・ミー

映画・ドラマ
公式サイト

観た直後は視点が偏っているように思われる点、実験者である監督の恋人が「動物を食べるなんてカワイソウ!」という理由で菜食主義者な点がひっかかって、この映画、あまり好きになれなかったのだが、ネットで色々な意見を読んで、いいかもと思えるようになってきた。

1ヶ月マクドナルドしか食べないとどうなるか、という映画だが、一番印象に残ってショッキングだったのはアメリカの給食。向こうの給食はセルフサービスで、子供は自分の食べたいものをトレーに乗せていくのだが、子供達はジャンクフードやお菓子ばかりをトレーにのせる。飲み物は砂糖たっぷりのソフトドリンクだ。そもそもプレートに並んでいるものが、フライやらばかりで野菜がなく茶色一色。ほとんどが解凍するだけのジャンクフードだ。昔の煮物ばかりで茶色一色だった私のお弁当とは似てるようで違います。「野菜は食べないの?」と子供に聞くと、「フライドポテトを食べるよ」という答えが返ってくる。恐ろしい光景だ。もっとも、全ての学校がそういうわけではないようだ。
そもそもジャンクフードが給食に並ぶのは食品業者と行政の癒着にあるものらしい。ジャンクフードの給食と学校で手作りする給食では、コストは変わらないそうだそうだから、ジャンクフードを取り入れるメリットはとくに無いという。ただ企業が儲けるだけ。

この辺のレポートを観ていると、一部の人間が下々の者達にお金を作らせ自分達の為に使わせて、いいように踊らせているんだなあ、と思う。民主主義も恐いものなんだ。食育もしかり、賢くならないといけないなあ、金持ちにぼったくられないように。
[PR]
# by 44gyu | 2004-12-02 20:34 | ★★★

ふたりにクギづけ

映画・ドラマ
公式サイト

公式HPの予告のばかばかしいナレーションがツボにはまり、この映画はぜひ観たいなと思っていた。先日の試写会で念願が叶ったのだか、実際観て期待通り!とってもハッピーで楽しい映画だった。絶えまなく発射されるきわどい笑いで大笑いした後、ホロリとする部分では素直にジーンとさせられた。ジーンとしている最中にも、ちょこちょこ笑いが挟まれるので、最後の方はもう泣き笑いだ。

今までにもフリークスと呼ばれる人たちを題材にした映画はあったが、こんなに明るくて前向きな描かれ方はそう無いのではないだろうか。そんな今までの暗くて偏見にみちた視線を、かるーく薙ぎ払いつつ笑いに変えてしまうところが実に爽快。映画の中では2人の結合部分もちゃんと作ってあって、当たり前のように、見える。普段そういった部分はタブー視されるわけだが、そのタブーの意味をこの映画では考えさせられる。

キャストも素敵だ。2人の兄弟はもちろん、わがままで高飛車なアカデミー主演女優シェール役のシェール本人の、憎めないいじわるぶりがいい。

音楽も個人的に好きな感じのばかりだった。最後に兄のウォルトが歌う曲なんて、クレイジーケンバンドっぽくってとってもかっこいい。

この映画はほんとに全ての人にオススメできる楽しい映画だと思う。
[PR]
# by 44gyu | 2004-12-02 00:26 | ★★★★

ターミナル

公式サイト

ネタバレかもしれません

ゆるい。。ちょっと期待してたのに。

この映画の中では、なんか絶対的に人情の方が規則よりも強くて良いもののような描かれ方なんだけど、各種詐欺が毎日のようにニュースで流れる昨今、それでいいのか!?と思えるようなシーンが多かった。そして主人公の異様なヒーローぶりが気持ち悪い。最後にターミナルの仲間達に見送られるシーンなどは、ありえない。今どき子供番組でも見ないようなヒーローっぷりだった。
そしてキャサリン・セダ=ジョーンズの役。彼女と主人公のストーリーは必要なのか。ただ単に大きめのロマンス要素を入れたかったとしか思えない。

ぶーぶー言っとりますが、文句言いながら観る映画も楽しいものです。
[PR]
# by 44gyu | 2004-11-30 21:00 | ★★

海猫

公式サイト

ネタバレかもしれません

試写会に2回当たったので、2回観た。
1回目は、なんだこれエロい橋田寿賀子ドラマか、観てソンした、時間返せ、という感想だった。しかし自虐的な気分で観た2回目は、気持ちに余裕が出来たのか、けっこう楽しんで観れた。
みどころは
●見えそうで見せない、現役アイドル美咲の局部(やっぱりこれ!)
●白石加代子のすごい顔
●頭がアレな人にしか見えない主人公
がメインだろうか。
「もういいの!!」「うみねこわ いいなあ どこにでも とんでけて」「俺はやだよ。」はうちでは今もたまに話題になる。
しかしやたらロシアがロシアの、いうセリフに無条件な白人崇拝のようなものを感じたのと、三田佳子のしゃべり方がうざかったのは2回目も許せなかった。

この映画は頭をゆる〜〜〜〜〜くして埋没するとけっこう楽しめると思う。でもあんまり観るときっとバカになると思う。
[PR]
# by 44gyu | 2004-11-29 21:00 | ★★

1964年大映 監督:三隅研次 主演:市川雷蔵/藤 由起子/川津裕介/長谷川明男

原作が三島由紀夫。だからなのか。この男臭の強さ。

風呂場でのすっ裸の(!!)男同士の取っ組み合いのケンカと、そのシーンの背景をうめ尽くす数本の毛深いすね。白いふんどしや白いパンツ一丁で群れる青年達。

そして主人公を慕うカワイイ下級生。。生真面目な主人公を堕落させようとするライバルも、実は主人公に憧れているようで、主人公のことを語るとき実に微妙な表情をする。
そして雷サマ演じる主人公は勉強にも遊びにも一切目をくれず、剣道に全てを捧げている、というキャラクター。その捧げ方はハンパではなく、口を開けば次の剣道大会への意気込みや剣道に関して語るのみで、カワイイ下級生に「先輩は将来どうするんですか?」と聴かれると、「僕は今のことしか考えない、将来のことなんて考えられないよ」というようなことをさらっと言う、この生活感ナシの超近視眼。はっきり言ってキ○ガイだと思う。

この、細部だけでなく全体的にもゆがんだ感じがたまらない。今まで個人的に三枚目の雷サマが好きだったんだけど、キ○ガイもいけるのですね。天才!
[PR]
# by 44gyu | 2004-11-28 21:00 | ★★★★

一覧表


愛と青春の旅立ち
アイランド
あしがらさん
アビエイター 
イグジステンズ 
イン・ザ・プール
ヴァン・ヘルシング 
ヴィタール 
海猫
エイリアンVSプレデタ−
エメラルド・カウボーイ
オペラ座の怪人(2005)
オールド・ボーイ

片腕カンフー対空飛ぶギロチン
かげろう
花様年華/2046
カレンダー・ガールズ
CHARON カロン
完全なる飼育 女理髪師の恋
カンフーハッスル
キッチン・ストーリー
ギャザリング
キューティー・ブロンド ハッピーMAX
キングダム・オブ・ヘブン
偶然にも最悪の少年
月曜日に乾杯!

恋は五・七・五!
高校四年
コーチ・カーター
コニ−&カーラ
ゴルゴ13
CODE46
コーラス
コール

SURVIVE STYLE5+
ザ・ビーチ
地獄甲子園
死ぬまでにしたい10のこと
シャーク・テイル
Shall we Dance?
THE JUON/呪恐
ジュラシック・ボーイ
修羅雪姫
少林寺/少林寺2
白いカラス
秦・始皇帝(1962)
スキャンダル)
スター・ウォーズ エピソード3
ステップフォード・ワイフ
スーパーサイズ・ミ−
世界大戦争
戦国自衛隊1549
戦場のピアニスト
ソン・フレール 兄との約束

大佛開眼
タイムライン
TAXY NY
タナカヒロシのすべて
ターミナル
チームアメリカ/ワールドポリス
チャーリーズ・エンジェル フルスロットル
蝶の舌
ディープ・ショック
ディープ・ライジング-コンクエスト
鉄人28号
トゥ−ムレイダ−2
ドグマ
ドッジボール
ドラッグストア・ガール
ドリームキャッチャー
ドラキュリア
ドラキュリア2 鮮血の狩人

200本のたばこ
ノロイ

パイレーツ・オブ・カリビアン
ハウス・オブ・ザ・デッド
薄桜記
ハサミ男
パッチギ!
バットマン・ビギンズ
バッド・エデュケーション
バトルロワイアル2〜鎮魂歌レクイエム〜
バーバーショップ
ビッグ・フィッシュ
反則王
ふたりにクギづけ
二人の武蔵
プリティ・ダンク
ブルドッグ
プルート・ナッシュ
ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ
蛇娘と白髪魔
BODY/ボディ(1992)
ほら男爵の冒険(1961)

まいっちんぐ マチコ先生
マスク2
マタンゴ
マニトの靴
真夜中の弥次さん喜多さん
ミカドロイド
Mr.インクレディブル
ミスティック・リバー

八岐大蛇の逆襲
夢の女
妖怪大戦争

ライフ・アクアティック
ランド・オブ・ザ・デッド
リング2
レッド・ドラゴン
レモニ−・スニケットの世にも奇妙な物語
レーシング・ストライプス
ロミオ&ジュリエット
ロング・エンゲージメント

嗤う伊右衛門
[PR]
# by 44gyu | 2004-11-27 22:21 | 映画一覧