文才のない人間の書いたほぼ映画の感想のみの日記


by 44gyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2005年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

宇宙戦争(2005)

公式サイト

今の時代このネタで(恥ずかしげもなく)愛と平和を叫ぶ直球映画を作れるのは、スピルバーグくらいなんだろうなあ、というのが一番の印象だった。最初と最後にナレーションを入れ、クラシックな雰囲気を出したのは、やはり残る制作者の羞恥心をごまかしているようにも見えた。

しかし最近のSF映画はオタクが認知されて久しくなったせいか、マニアックすぎて敷き居が高くなってしまった向きもあった、と個人的には思う。この映画を楽しむには、この映画とこの映画を観とけ、みたいな予習が必要な映画もあって、ちょっとうっとうしかったりする。
そういうふうに見ると、この映画は予備知識なしで観ても迫力満点で、ついでにトム・クルーズのやばい人振りも鬼気迫るものがあり、十分楽しめる。スピルバーグという超大物監督の映画らしく、これぞ大規模上映にぴったりの映画なのかもしれない。

でもやっぱり、ドリームキャッチャー大好きの私としては、何一つ新鮮なところがなく、こじゃれた演出の一つもないのは不満だった。
[PR]
by 44gyu | 2005-09-07 15:52 | ★★★
公式サイト

去年の「ドーン・オブ・ザ・デッド」は、あからさまなB級映画の「ハウス・オブ・ザ・デッド」とたいして変わらない、TVゲームの実写版のような薄っぺらい出来に個人的にはガッカリしたが、今回は本家ジョージ・A・ロメロが監督しただけあって、ストーリーもちゃんとしてるし、ゾンビ達のキャラクターも愛嬌ありすぎて憎めない。
主人公達の格好や行動から78年版「ゾンビ」のギャング達の、ショッピングモール襲撃前の話のようにも思った。そして個人的にレオナルド・ディカプリオ主演の「ロミオ+ジュリエット」での好演が印象的だった、ジョン・レグイザモがチョロ役で出演していたのがうれしかった。
78年版「ゾンビ」、去年の「ドーン・オブ・ザ・デッド」にも出演していたトム・サヴィーニは、今回もナタを持ったゾンビ役で出演していて、エンド・クレジットで名前が流れてきたのでびっくり。

とは言ってもやはり、どうしても音楽も映像も今っぽくなって、78年版を観た時のような異様なショックは得られない。それにメッセージ性も強いが少しくどいようにも感じた。
しかし「私もゾンビの役をぜひやってみたい!」と思わせるようなゾンビ達は、皆個性的すぎて怖さには欠けてしまっているものの、怖いだけではないホラーの楽しさを満喫できたと思う。
[PR]
by 44gyu | 2005-09-05 17:36 | ★★★