文才のない人間の書いたほぼ映画の感想のみの日記


by 44gyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:★★★( 48 )

宇宙戦争(2005)

公式サイト

今の時代このネタで(恥ずかしげもなく)愛と平和を叫ぶ直球映画を作れるのは、スピルバーグくらいなんだろうなあ、というのが一番の印象だった。最初と最後にナレーションを入れ、クラシックな雰囲気を出したのは、やはり残る制作者の羞恥心をごまかしているようにも見えた。

しかし最近のSF映画はオタクが認知されて久しくなったせいか、マニアックすぎて敷き居が高くなってしまった向きもあった、と個人的には思う。この映画を楽しむには、この映画とこの映画を観とけ、みたいな予習が必要な映画もあって、ちょっとうっとうしかったりする。
そういうふうに見ると、この映画は予備知識なしで観ても迫力満点で、ついでにトム・クルーズのやばい人振りも鬼気迫るものがあり、十分楽しめる。スピルバーグという超大物監督の映画らしく、これぞ大規模上映にぴったりの映画なのかもしれない。

でもやっぱり、ドリームキャッチャー大好きの私としては、何一つ新鮮なところがなく、こじゃれた演出の一つもないのは不満だった。
[PR]
by 44gyu | 2005-09-07 15:52 | ★★★
公式サイト

去年の「ドーン・オブ・ザ・デッド」は、あからさまなB級映画の「ハウス・オブ・ザ・デッド」とたいして変わらない、TVゲームの実写版のような薄っぺらい出来に個人的にはガッカリしたが、今回は本家ジョージ・A・ロメロが監督しただけあって、ストーリーもちゃんとしてるし、ゾンビ達のキャラクターも愛嬌ありすぎて憎めない。
主人公達の格好や行動から78年版「ゾンビ」のギャング達の、ショッピングモール襲撃前の話のようにも思った。そして個人的にレオナルド・ディカプリオ主演の「ロミオ+ジュリエット」での好演が印象的だった、ジョン・レグイザモがチョロ役で出演していたのがうれしかった。
78年版「ゾンビ」、去年の「ドーン・オブ・ザ・デッド」にも出演していたトム・サヴィーニは、今回もナタを持ったゾンビ役で出演していて、エンド・クレジットで名前が流れてきたのでびっくり。

とは言ってもやはり、どうしても音楽も映像も今っぽくなって、78年版を観た時のような異様なショックは得られない。それにメッセージ性も強いが少しくどいようにも感じた。
しかし「私もゾンビの役をぜひやってみたい!」と思わせるようなゾンビ達は、皆個性的すぎて怖さには欠けてしまっているものの、怖いだけではないホラーの楽しさを満喫できたと思う。
[PR]
by 44gyu | 2005-09-05 17:36 | ★★★

ギャザリング

あらすじなど

ネタバレ





キリストの処刑を見物しに来ていた不届きもの達が、2000年後の現在も罰を解かれず、世界中の不幸を見物し続けている、というのは新鮮でがおもしろかった。宗教ものといっても、聖書をもとにした派手な殺人鬼や悪魔が出てくるわけではないが、映画内で石像空間がこつこつ発掘調査されていくのと同じように、じわじわ真実が分かっていく過程も、主人公らと同調できておもしろい。一緒に発掘しているようなワクワク感があるのかもしれない。
それにしても不幸見物集団って、すごい悪趣味集団。そんな中にクリスティーナ・リッチがいる、というのはハマりすぎてると思った。

しかし細部に至ってはホラー映画の定番が多すぎて、ちょっと残念だった。例えば主人公が記憶喪失、田舎町のお祭り、児童虐待など。中でも一番は神経質になっている無口な少年の存在。おまけに喘息持ちときた。これだけ定番が揃えば、だいたい話と展開は読めてきて、ちょっとがっくりしてしまう。
[PR]
by 44gyu | 2005-08-09 19:08 | ★★★

カレンダー・ガールズ

公式サイト

実話だそうだけど、いい話だ〜。
中年女性達が思いきってヌードになることになり、その段取りを決めて実行して行くところがテンポの良いコメディー・タッチでおもしろい。それに女性達のどこまでも素朴な人柄がとてもいい。こんな風におおらかに年をとりたいものだ。
またなだらかな丘が連なるイギリスの自然が美しく、広い地面と空が画面を観ているだけでも清々しい。何気なく歩いている道も、道ばたに草が生い茂り緑がきれい。

ネタバレ



一番印象に残ったのは、ハリウッドから帰ってきたクリスを夫のロッドが待っていたところ。クリスの親友アニ−の言う「夫と息子のために〜」という家族愛よりも、もっと深くて強い絆を感じるロッドの言葉は涙モノだった。「家族のために」という言葉で我慢したり足をひっぱたりするのではなく、互いに信頼し尊重しあう夫婦愛、家族愛にハッとさせられた。自分のやりたい事と、家族を天秤にかけたりするのではない結末に、奥の深さを感じる。
また女の友情も感動的。本音をぶつけ合いケンカしながらも、何も言わずに仲直りできる、そんな2人がとてもカッコ良かった。
[PR]
by 44gyu | 2005-08-06 23:59 | ★★★
公式サイト

ピンク色とキラキラに包まれた軟派な見た目でありながら、政治の根回しや企業との癒着を描いた何気に硬派なところもある内容。
議院がたまたま同じ社交クラブのメンバーだったとか、犬の散歩友達だったとか、ドアマンが凄い情報屋だったとか、うまいこと行き過ぎの連続でリアリティはない。しかし主人公の、何があってもメゲずに立ち直り、大きな壁を乗り越えていくところはけっこう地道で根性ものだったりする。
この主人公は、多くの人に助けられ、協力してもらったりはしているが、誰かに頼りきったり、援助してもらうことはない。自分の努力と信念で望みを叶えていくのだ。
お人形のようなブロンドへアにピンク好き、しかも金持ちというのは、ある意味一般人には嫌われものの基本かも。議院のスタッフ達ならずとも、確かに私も最初は主人公にムカついた。しかしいつの間にか、彼女と一緒に喜んだり悲しんだり、応援している。彼女にとってそれらの特徴はハンデでしかなく、そのハンデをものともせず努力とポジティブ思考で困難を乗り越えていることに気付くからだ。
リアリティのなさは脇に置いといて、この映画の訴えるメッセージは明解だ。自分を信じて、努力を惜しまずポジティブにいこう!
元来ネガティブな私ですら、ピンク色とキラキラに当たって「何でもできる!」ような気持ちになってしまった。

少女趣味が嫌いな人ならともかく、カワイイ物大好きな人はこの映画を観てハッピーになること間違いなし、だろう。ウィザ−スプーンが着ている服や持ち物はもちろん素敵なのばかりだが、個人的には冒頭の手作りアルバムが一番気になった。アメリカっぽい悪趣味ギリギリの配色やパーツがすばらしい。あんなの貰ったら主人公でなくとも感激する。


以下ネタバレ



そんな可愛くてハッピーな映画なのだが、最後の主人公の演説にはちょっと首をひねる。アメリカの未来に期待と自信をこめた演説なのだが、今のアメリカはそんなお気楽には見えないんだけど。。いつも期待を持っていたい気持ちは分かるけど、たまには反省もしろよな、という気持ちになる。この映画一番のポジティブ思考を観た思いのシーンだが、さすがについていけなかった。
[PR]
by 44gyu | 2005-08-05 23:48 | ★★★

イグジステンズ

公式サイト

近未来、よりリアルな世界を持つようになったゲームの世界を冒険する男女。

ネタバレ



エロでグロで不条理な世界がおもしろかった。
この映画の、微妙にシュールなズレ加減がクセになる気持ち悪さだ。銃声の異様に軽い音、噛み合わないセリフなどが淡々と続き、非日常の世界へ観ている者を連れて行く。
整った顔だちのジュード・ロウが、肛門を指しているとおぼしきゲーム・ポートを、開発されたり挿されたりして苦悩の表情を浮かべるのも見ごたえがあった。ウィレム・デフォーの今にも口が裂けてダラーっと何かがでてきそうな笑顔がキモかっこいい。

ヒロインが「誰か親切な人に〜」と言うと、ジュード・ロウが嫌々言いながら必ず助けてくれるところが好き。あと、イアン・ホルムの劇的な死に方。これは後で理由がネタばらしされるけど、この人の大振りな演技はとてもわざとらしくておもしろかった。

結末以外は大好き。夢オチはないよ。。
[PR]
by 44gyu | 2005-07-31 22:06 | ★★★

コーチ・カーター

公式サイト

スポ根の地味映画でありながら全米初登場1位となりヒットした感動作。

「文武両道」をチームに求め、親、地域、学校からの反対にもめげず、本当に生徒の人生のためになる教育を強行し、成功させたケン・カーターの実話。
試合に勝つため肉体を鍛えるだけでなく、礼儀とおもいやりを身につけさせ、更に学生の本分である勉強も怠らせない。・・・怠け者の私は考えるだけで疲れがどっと出てくるような内容だが、遊びたい盛りの10代といえども、若い内に(年をとってもだけど)こういうことをやってもらえる環境を持てるというのは、幸せなことなのかもしれないなあ、と思った。
この映画は貧しい黒人社会が舞台で、カーターの教え子達は、家族が刑務所に入っていたり、文字もろくに読めなかったりする。彼らを今の悲惨な状態から抜け出させるため、カーターは愛の鞭を振るうのだが、しごく方の大変さをつくづく感じた。私だったらとっくに投げちゃうなあということを映画を見ていて気付き、母校のため他人様のために身を尽くす、このカーターという人の情熱に感動した。

自分の将来のために頑張る若者の姿をまっすぐに描いた、とても真面目な映画だった。
アシャンティがヒロイン役で出演しており、黒人達の服装も見どころ。音楽も有名どころが名を連ね、ヤング指向。音楽やファッションに釣られて説教されてみるのも良いかもしれない。
[PR]
by 44gyu | 2005-07-27 22:08 | ★★★
公式サイト

アメリカ公開時に、その過激さが日本でもニュースになっていた話題作。

操り人形映画でありながら、過激な題材やグロテスクな描写でみごとR-18指定。
どんなもんかとワクワクしていたが、TV版「サウス・パーク」で彼らのスタンスをある程度見慣れていたので、そんなにショックは受けなかった。2Dと3Dの違いはあるが、やってることは同じかも。個人的には「華氏911」の生グロ、鮮明な爆撃シーンの方がショックは大きかった。

しかし、実名のそっくりパペットによる個人攻撃はやはり過激。
高額なギャラを要求する俳優達
(女性のみだが参考
(ギャラ高騰が打ち切りの理由とも言われる人気ドラマ「フレンズ」出演者ギャラ→All about
を批判、民主党支持派のショーン・ペンやサミュエル・L・ジャクソンなどは、悪の手先として散々な描かれ方。別の過激派マイケル・ムーアも物凄い最期のシーンを与えられている。
日本人として一番興味深いのは、やはり金正日らしい人形の活躍。テロリストの黒幕として、または孤独な独裁者として大抜擢されている。北朝鮮は上映禁止を要求したそうで、それは釣られちゃってるなあ、という気がしたので少し気の毒。

人形は、ちょっと気持ち悪いけど、かわいらしくも見える。操り人形ならではの動きがおもしろい。「サンダーバード」はあまり観たことなかったけど、比べてみるとけっこうキャラも意識してあるんだなあ。「サンダーバード」って「国際救助隊」だったのね。
「ワールド・ポリス」らしく、フランス、エジプトと各国に出かけて行く彼ら。それぞれの精巧な(たまにあからさまな手抜きアリ)セットも見ごたえがあった。特にNYのセットは、建物だけでなく車の渋滞、行き交う人々などもこまごま作ってあって見入ってしまった。人形の洋服や乗り物、部屋の小物なども事細かにに作ってある。楽しそう〜。車や秘密基地などもしかけがあったりして、作り手が楽しんで作っているのを感じる。(この写真好きだなあ。すごく楽しそう)

「スターウォーズ」「マトリックス」「キルビル」などを思わせるシーンもあったりで、見所のたくさんある映画だった。

しかし、保守派をバカにし、リベラル派もバカにし、登場人物全員をバカにしたけど、その後どうするの?という疑問が残った。トレイ・パーカー、マット・ストーンの2人は、自分達は主義はないしおもしろければ良い、という考えのようだけど、それって現実逃避にも見える。結局何もしない、を決め込んだら、それが一番悪に思えるんだけど。
[PR]
by 44gyu | 2005-07-25 21:55 | ★★★

ミスティック・リバー

公式サイト

ネタバレ

デイブは今も悩まされる過去のおぞましい記憶ゆえに、性犯罪者を殺してしまった。それは、幼い自分を傷つけた犯人への復讐もあったのかもしれないが、最愛の息子を守るためでもあったと思った。そしてジミ−も最愛の娘の仇をとるためにデイブを殺した。
二人とも愛する子供のために人を殺した、と思った。
しかも、ジミ−の最愛の者を殺した犯人が、同じ愛すべき、守るべき子供であったというのが皮肉で悲惨だった。
「あなたのすることは全て正しく、間違いはない」「だってみんな弱いけど、私達は弱くない」
最後にジミ−の妻がジミーの耳元で囁くこの言葉は、おぞましく、ぞっとした。とても暴力的で威圧的だからだ。ジミ−が正義(間違っていたが)を遂行した、娘への愛の深さは貴くも見える。愛があまりにも深かったために許されない事をした、というのは愛の美しさなのかもしれない。しかし愛の存在は正くても、人間は間違う時がある。怒りの中で理性をきかせるのは難しいし、愛が深いほど理性は遠のくものかもしれない。
報復か赦しか、自分の身になって考えた時の、究極のテーマだと思った。しかし、ジミ−のように暴力的な強さを持っていないほとんどの人達は、殺したいと思っても殺さない。

個人的にジミ−のキャラクターには最後まで共感できなかった。背中に背負っているかのような十字架の入れ墨、自分が殺した男の家族への送金、殺人、どれをとっても自意識過剰でうぬぼれているように感じた。自分を中心に世界が回っている。妻に言われるまでもなく、彼はずっと「王様」だったようだ。
この映画がイラク攻撃に対するアメリカ批判だというのは、ジミ−のこういうキャラクターから納得できる。

最後のパレードのシーンは印象的だった。ショーンは別居中の妻と再会し、笑顔を見せるようになる。彼もまたデイブやジミ−と同じく、最愛のものを手に入れ喜びを知った。そしてまた彼らと同じような落とし穴にはまる危険を孕むようになった。傍らではジミ−が家族と集まり、その妻は勝ち誇ったように見える。そして「負けた」デイブの妻のみじめさが対照的だ。
[PR]
by 44gyu | 2005-07-11 22:39 | ★★★

200本のたばこ

あらすじなど

1981年の大晦日、年越しパーティーに集う独身男女の姿をコミカルに描いた恋愛群像劇。

コートニー・ラブが出ているというのでずっと観たかったやつ。映画内で歌を口ずさんでいたけど、すごくコートニー節だった。

音楽もファッションも出演者もとってもおしゃれで楽しかった。登場人物が多く、人間関係がこんがらがりそうになるが、より多くの登場人物、場面があることで音楽やファッションもより多彩になるので、見た目もストーリーも色とりどりでおもしろかった。
こういう映画はちょっとでも泥臭いところがあるとたちまち嫌になるのだけど、スカッと進行してうまくまとまっており、期待を裏切られなかった。
とくにダサさが自然で何もしなくてもおもしろいベン・アフレックと、笑顔が可愛すぎるケイト・ハドソンが個人的にお気に入りだった。関係ないけどケイト・ハドソンって、ゴールディ・ホーンの娘だったんだ〜。母子揃ってキュートだけど顔あんまり似てないなあ。
[PR]
by 44gyu | 2005-06-22 22:12 | ★★★