文才のない人間の書いたほぼ映画の感想のみの日記


by 44gyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

花様年華・2046

花様年華公式サイト
2046公式サイト

2046はキムたくがひどいだの話が分りにくいだの、前評判が芳しくなかったので覚悟していたのだが、思ったほどではなかった。相変わらずおしゃれで美しい映像の、報われない恋の物語だった。キャストが非常に豪華なのだが、今が旬真っただ中のチャン・ツィイー以外はさすがに絶頂期が過ぎていると思われ、懐かしい感じがしてしまった。

花様年華はシンプルな分かりやすいストーリーで、2046以上に、主人公の2人以外は極力あいまいな存在に徹してあるところが面白かった。家具や衣装がとても素敵で、独特の映像と相まってとてもおしゃれ。個人的には2046よりも良くまとまっていると思うのでこちらの方が好き。

花様年華の方を後に観たのだが、それでも話の辻褄は合うし違和感もない。というか、ほとんどこの2つは同じ話だと思った。ホテルの部屋やセリフ、映像など2作品は重なる部分が多々あるが、それがあまりにも多すぎて別々の独立した2作である必要があるのか疑問にも感じた。この2作を続けざまに観たら、同じことのくり返しで腹立つだろうなあと思った。「この2作は元はひとつの話で、2通りの展開をした」と監督のインタビュー(ttp://page.freett.com/cinemajournal/special/kayo-nenka.html)にあるが、確かに自己リメイクっぽい。

個人的に2作ともきれいなイメージ映像なだけ、という感じでいまいち入り込めなかった。ストーリーもありきたりだし。登場人物に共感できるわけでもない。眠くはなかったがとてもたいくつだった。
[PR]
by 44gyu | 2004-12-17 23:51 | ★★★