文才のない人間の書いたほぼ映画の感想のみの日記


by 44gyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

オペラ座の怪人(2005)

公式サイト

超有名な作品だが、今回初めて観た。もちろん舞台も観たことがない。

約1億5000万円という総スワロフスキー製クリスタル使用のシャンデリアを始め、衣装、小道具、大道具等等全てがゴージャスでキラキラ。テレビCMでも流れるが、オペラ座内のゴールドでデコラティブな立体彫刻の装飾が特に素敵だった。実際に見ると悪趣味極まりない造型物になるんだろうが、映画ならではの非現実的な豪華さが楽しい。
冒頭の廃虚となったオペラ座から活気があった過去へ戻る映像は、導入としては最高。とても有名で高揚感のある曲が、アレンジを加えられ大音量で流れると、一気に気分が高まり、物語のはじまりにドキドキする。最初から最後までほとんど歌だけのミュージカル映画だったが、たいくつすることなくオペラ座の世界に浸ることが出来た。

驚いたのは、主演の3人の歌が吹き替えなしだったということ。クリスティーヌ役のエミー・ロッサムもラウル役のパトリック・ウィルソンも、それぞれ舞台でキャリアを積んできた人たちらしく、素人耳ながら確かな技術が感じられ、すばらしかった。ファントム役のジェラルド・バトラーの歌は、芸術の天才・音楽の天使というにはきつかったかもしれないが、良かったと思う。でも、個人的には吹き替えだったカルロッタのいかにもオペラっぽい歌が好きだった。

この映画を見てハマってしまったのが、ファントム/ジェラルド・バトラーという俳優。クリスティーヌがファントムの天才的な芸術的才能に強く惹かれてしまい、ラウルをやきもきさせてしまう、というのが本来の物語の筋書きなのだろうが、実際のバトラーの歌は天才的とは言い難く、クリスティーヌ役の演技からそう察っせられるのだった。しかし仮面に覆われてない部分はもとより、仮面に隠れた、ただれた部分が見えていても、バトラー・ファントム素敵すぎ。本意は違ってしまうが、クリスティーヌがファントムに惹かれてしまって悩む気持ちが分かるなあと思った。むしろお坊っちゃんラウルよりファントムの方が魅力的で素敵なので、金持ちのラウルを選んだクリスティーヌに「やっぱり若さとお金なんだ。。」とがっくりしてしまったりもする。

3人の恋の話も音楽も美術も、全てがセクシーでキラキラ。「オペラ座」初体験で、ミュージカル映画はどちらかというと苦手な方なのだが(「シカゴ」はダメだった)、これは楽しめた。

しかし、字幕は噂通りひどかった。誤訳や意訳は元の話を知らないので誤魔化されることもあるが、意味不明なセリフや変な文章の切り方には困ってしまった。字幕の監修ってないんだろうか。

今回は巨大スクリーンを前から2列目で観ることになったため、よく見えなかった所も多々あった。また空いてきた頃に観に行きたいと思う。
[PR]
by 44gyu | 2005-01-31 23:13 | ★★★