文才のない人間の書いたほぼ映画の感想のみの日記


by 44gyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

レッド・ドラゴン

あらすじなど

ハンニバル・レクター三部作、完結編の第一章。
レクター博士は完全にモンスター・キャラクター化。主人公に「おだてられるのがけっこう好き」的なことを言われちゃったり、一貫してもう人間扱いされてないところがおもしろかった。
三作の中では個人的に「ハンニバル」が一番グロさがきつかった。また自分の脳ミソ食べさせられるシーンが出てきたらどうしよう、とドキドキしていたのだが、今回はそこまでグロいシーンはなくてほっとした。他人の肉を食べるのも嫌だけど、自分の肉を食べるのはもっと嫌だ。

新聞記者役のフィリップ・シーモア・ホフマンは「ハピネス」で全然モテないデブ男を演じていたのが印象的だった人。今回もヤな奴役だったが、動きがスピーディーで「ハピネス」で強烈だったオタク感はなし。真性のヤバい人?と勘違いしちゃったくらい「ハピネス」で強烈だったので、普通の人だったのがちょっとびっくりした。
エミリー・ワトソンの盲目振りも真に迫っていてすごかった。この人、「奇跡の海」で初めて見て生理的に受け付けないと思って、なるべく見ないようにしてきた女優さんだったんだけど、以前見た「ゴスフォード・パーク」でも良かったし、今回もかなりすばらしかった。個人的に再評価、というかこの人天才!
[PR]
by 44gyu | 2005-01-24 22:28 | ★★★