文才のない人間の書いたほぼ映画の感想のみの日記


by 44gyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

妖怪大戦争

公式サイト


監督が三池崇史なので、そうそう子供向けに偏った出来にはなっていないだろう、と思ってはいたが、1968年版のようなモロ水木しげるデザインの妖怪が出てきたら嫌だな、と心配していた。しかし、「ぬりかべ」や「いったんもめん」はしょうがないとしても、他の妖怪達はそれほどモロではなかったので、ほっとした。敵役の妖怪「機怪」のデザインは韮沢靖で、意味不明なスカル装飾やギスギスした造型がかっこいい。
今思えば、なぜ妖怪達はフルCGじゃなかったのかな?とも思うが、ケタ違いのハリウッド映画の制作費とは違うだろうから、CGにしたからといってリアルになるとも限らなかっただろう。着ぐるみ、特殊メイクのぼてぼて感も、チャチではあるが、役者の顔が見えたりして楽しかった。

子供向けではあると思われるので、血やグロいシーンは殆ど出てこない。だからなのか主人公ダタシのペット的妖怪であるかわいい「すねこすり」が、ぬいぐるみながら血(ゲロ?)を吐いたり、ムチでビシビシ叩かれたり、いたぶられ役を一人でこなしている。三池崇史の血ヘドへの執念なのか分からないが、「かわいい」よりも「かわいそう」の感想が多かった「すねこすり」はいろんな意味で印象的だった。
同様に直接的なエロもないが、チラッと見える女妖怪の腰や濡れた太ももがやたらエロい描き方だと思った。水というよりも油を塗ったようなテカりかたの太ももで、不必要に脚を開いているのがエロい。
また人気子役、神木隆之介くんのサービスショットまであった。私は少年好きとかじゃないけどドキドキした。サービス丸出しでちょっと笑えるし、好きなシーン。
豪華なプロデユースチーム「怪」の面々もいくつかの場面で出演しているが、さり気なく嫌みっぽくなく、うまく「特別出演」していたのではないかと思う。

最後のオチは、子供向け映画でそれはアリなのか?というくらいビックリした。しかし大人としてはおもしろかった。後でその結末に強いメッセージが込められていたことを知り、納得。大翁様ならでは。

監督が三池崇史でなかったなら観なかったかもしれないし、ちょっとサムいところもあったが、単なる子供向けではない、角川60周年記念映画に相応しい豪華で楽しい映画だったと思う。
[PR]
by 44gyu | 2005-07-28 23:14 | ★★★★