文才のない人間の書いたほぼ映画の感想のみの日記


by 44gyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

イン・ザ・プール

公式サイト

伊良部総合病院の地下にある精神科の医師で、伊良部総合病院の跡取り息子・伊良部一郎を松尾スズキが演じ、オダギリジョー、市川実和子、田辺誠一がへんな病気に罹った患者を演じている。
原作未読。

思っていたよりはるかに面白かった。
先だって、同じ原作者で同じ伊良部一郎が主人のドラマ「空中ブランコ」を観ていたのだが、これがあんまり面白くなかったので心配していたのだった。伊良部一郎を阿部寛が演じていたのだが、伊良部はただの頭の弱い人みたいな描かれ方だった。またマユミちゃん役は釈由美子。

映画の松尾スズキ演じる伊良部は、ひょうひょうとした怪人物ぶりが、この人以外にありえないというくらい松尾にぴったりハマっていた。またそう思うわせる演技や演出がすごい。たぶん他の人が言ってたらなんでもないようなセリフも、松尾が言うとたちまち味がでておもしろくなってしまう。天才と言われるわけだよなあ、とつくづく思った。パッと見きたないヒゲヅラのおっさん(失礼)がこんなにカッコよく見えるなんて!
また松尾とは10年ぶりくらいの共演というふせえりが、出番はあまり多くないながら、とても強烈で印象深かった。市川実和子演じるルポライターが出入りする出版社の編集長役で、強迫神経症に陥ってしまった市川を辛抱強く導く。今ならふせえりが上司にしたい芸能人NO.1だ。
その他、オダギリジョ−、田辺誠一、市川実和子の病気ぶりも、深刻になりすぎず浅すぎず良かった。特に田辺の「プール依存症」は、あそこまでではないが同じプール好きとして、海ではなくプールの水の気持ちよさ、孤独感など共感出来るものが多くあった。岩松了、きたろうなどアクの強い演技も見ものだった。

一見地味ながら、観終わった後はかなりざわざわした(楽しい)気持ちになった。
音楽も熟考された感じの、出過ぎない選曲が心地よかった。

公式サイトの三木聡監督によるプロダクションノートを読んだら、これまた人柄が出ていそうな文章がおもしろくて、こういうテンションは共感できるのでなんかうれしかった。
[PR]
by 44gyu | 2005-06-17 23:05 | ★★★★