文才のない人間の書いたほぼ映画の感想のみの日記


by 44gyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

1964年大映 監督:三隅研次 主演:市川雷蔵/藤 由起子/川津裕介/長谷川明男

原作が三島由紀夫。だからなのか。この男臭の強さ。

風呂場でのすっ裸の(!!)男同士の取っ組み合いのケンカと、そのシーンの背景をうめ尽くす数本の毛深いすね。白いふんどしや白いパンツ一丁で群れる青年達。

そして主人公を慕うカワイイ下級生。。生真面目な主人公を堕落させようとするライバルも、実は主人公に憧れているようで、主人公のことを語るとき実に微妙な表情をする。
そして雷サマ演じる主人公は勉強にも遊びにも一切目をくれず、剣道に全てを捧げている、というキャラクター。その捧げ方はハンパではなく、口を開けば次の剣道大会への意気込みや剣道に関して語るのみで、カワイイ下級生に「先輩は将来どうするんですか?」と聴かれると、「僕は今のことしか考えない、将来のことなんて考えられないよ」というようなことをさらっと言う、この生活感ナシの超近視眼。はっきり言ってキ○ガイだと思う。

この、細部だけでなく全体的にもゆがんだ感じがたまらない。今まで個人的に三枚目の雷サマが好きだったんだけど、キ○ガイもいけるのですね。天才!
[PR]
by 44gyu | 2004-11-28 21:00 | ★★★★