文才のない人間の書いたほぼ映画の感想のみの日記


by 44gyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

戦場のピアニスト

あらすじなど

ネタバレ



爆撃シーン、ナチスによるユダヤ人虐殺シーンは頭が痛くなるくらい残酷で迫力があった。

ただ、この主人公に同情はしづらい。「自分の家で死にたい」からはじまり、途中仲間に「逃げろ」と言われても「ここを動くのは嫌だ」と隠れ家からでようとぜず、食べ物を探す以外とにかく自分から動こうとしないからだ。主人公を助けた仲間は次々逮捕されたり、決起して闘ったりしているのに、彼はその様子をものかげからのぞいているだけ。たぶん自分も同じ立場だったら、主人公と同じ行動しか出来ないだろう、という弱い人間としての共感はあるものの、あまりに他人頼りで自分勝手な姿はイライラする。それに、唯一の特技であるピアノに対する主人公の才能や情熱も、あまり見えてこない。目をつぶり、鍵盤を想いながら指を動かしているのは、現実逃避にしか見えない。最後に自分を助けてくれたドイツ人将校を助けることも出来ない。
どうせなら徹底的に主人公をダメ人間に描いてくれればまだ良かったのに。実在の人物となればそれも難しいのかもしれないが。
戦争の悲惨さのみごとな描写への感動と、主人公への苛立ちというちぐはぐな印象が残ってしまった。
[PR]
by 44gyu | 2005-04-07 22:27 | ★★★